ネコムラベンゾ ・ドットコム。

離脱症状 減薬 断薬 パニック障害  ベンゾジアゼピン SSRI

麻酔/歯医者、麻酔、ベンゾ離脱症状、朗報。

桜が咲く季節になりました。
空の青さに桜のピンクが映えますね。
皆さま、いかがお過ごしですか?
こちらはドン曇りです。
映えない。


さて、
昨日、歯科麻酔のことで連絡を取り合ったていたツイッターの相互さんから朗報DMが届いたので、
相互さんの了承を得て、情報をシェアさせてもらいます◎


相互さん(仮/イヌムラさん)
▪︎ベンゾ服用期間は減薬も含め、6年
▪︎減薬期間は、2年
▪︎断薬後、1年10ヶ月

○薬品過敏あり(離脱症状と思われるとのこと)
○5年前、歯科治療の局所麻酔で動悸が強く出て瀕死(涙)
○今年、口腔外科にて全身麻酔手術


で、
イヌムラさん術中・術後共に
離脱症状が強く出ることもなく、無事に過ごされているとのことです!
良かった!!!!涙。


尚、
麻酔は、ミタゾラム
抗生物質は、アモキシシリン(ペニシリン系)
麻酔は点滴を使った、静脈内鎮静法というものだそうです。



イヌムラさんは、
「麻酔が切れた後、痛みと腫れで離脱を感じなかっただけかもしれません。」
ともおっしゃっていましたが(真実はいかに!?)
無事に終えられたとの連絡に、心から良かった…!と思い、
自分の事のように嬉しくなり、そして希望が湧きました。


ネコムラが以前歯科の先生から聞いたのは、
『歯医者の局所麻酔は、脳に近いから動悸とかが出やすい』
ということでした。


点滴での全身麻酔が良かったのか?
薬剤が合ったのか?
時間薬で、離脱症状が強く出なくなっているのか?
同じ状況でネコムラが手術を受けたとしたら、どうなるのか?
こればっかりは、個人個人で結果は違うのだろうけど、
それでも、情報の少ない離脱症状のことは、どんな事でも残しておきたい。


「初めて離脱症状に気付いた時、今みたいに情報が沢山なくて、
 何でもいいから情報が欲しかった。どんな些細なことでもいいから、希望を持ちたかった。」
とイヌムラさん。
それで今回のブログに快く協力してくだいました。
(本当にありがとうございました。)


ネコムラも離脱症状と向き合った5年前、
今ほどブログなどの離脱症状に関しての情報がなく、毎日手探りで生きてきました。
初期は光が眩しくて、怖くてスマホの画面を見られなかったこともありますが…
そんな中でも、離脱症状に苦しんだ先人たちのブログに支えられたので、
誰かの気持ちに寄り添えたら。
なんて大それたことは思ってはいかんね。
ただただ、ブログに残していきます。



さて、ここからは余談です。
ネコムラの歯医者さん通いですが、
先日、大工事部分の治療が終わりました。
奥歯に金歯を被せました。
反対側の奥歯は銀歯なので、ネコムラの口内は、
金さん銀さん共に100歳が向かい合わせで鎮座しているよう状態になりました。
なんとなく、めでたい感じです。


全幅の信頼を置いていた先生が海外移住をされるということで、
先生がいなくなる前にやってもらわねば!
と、先延ばししていた奥歯の大工事を再開したのが今年1月。
麻酔で離脱症状が悪化した経験をしてから放ったらかしでした。
麻酔必須の治療とのことで半泣きで治療に挑みましたが、
先生のご厚意(これが大きかった)と根幹治療のスペシャリストの手腕、
そしてネコムラの我慢(当たり前!)で麻酔なしで治療を終え、
あとは、先生の最終出勤日に金歯を被せて終了!


のはずだったんですが、
ここがネコムラの真っ直ぐ行かない人生。
金歯が合わず、再度型を取り、1ヶ月後別の先生に金歯を被せてもらうことに。
金歯被せるだけでも歯茎にラバーを貼り、
何度も消毒をして細かく調整してくれる完璧治療の先生に全部やってもらいたかった。
悲しい…。
と思っても先生はいないので、仕方なし。
別の名前も知らない先生(でもとっても楽しく感じが良かった)にバトンタッチ。
で、先日終わりました。

 
今後細かいところを治療するかどうするか。
歯科通院はまだかかりそうですが、大物が無事に終わったので本当に安心しました。
ちなみにこの名前も知らない先生に「この歯、麻酔なしでやったんですか?!!!」
と、大層驚かれました。
えぇ、そうなんですよ、麻酔なしでやったんです。
先生、引きますでしょう。


ということで、
口腔手術、全身麻酔&抗生物質離脱症状があっても大丈夫だった!
の声がここに増えました。
やったね!!!
嬉しい!!!


nekomura-benzodanyaku.hatenablog.com


nekomura-benzodanyaku.hatenablog.com

room.rakuten.co.jp