ネコムラベンゾ ・ドットコム。

離脱症状 減薬 断薬 パニック障害  ベンゾジアゼピン SSRI

ベンゾ離脱症状/備忘録④恐怖。

数日前ツイッターで、
自分に襲ってくる離脱症状に混乱している方のツイートを見て、
もう、本当に、なんとも言えない苦しくツラい気持ちになりボロボロと涙が出た。


知ってるよ、知ってる。
その、とてつもなく巨大な、不安や恐怖や混乱を、私も知ってるよ。
助けたい。
あの地獄のような場所から助けたい。
でも、声の掛け方が分からない。
だって、助け方が分からない。
自分が無力すぎて悲しい。


得体の知れない巨大な恐怖に襲われてた、あの時。
とにかく、何もかもが怖かった。
息をしているだけで、怖かった。


テレビも、
光も、
音も、
包丁も、
トイレに入ることも、
シャワーを浴びることも、
髪の毛を洗うことも、
歯を磨くことも、
1階の部屋から2階の部屋へ行くことも、
2階の部屋にいれば1階の部屋に行くことも。


何が怖いのか分からないけれど、とにかく怖くて、
それが日に日に大きくなっていって、本当に生き地獄だった。


心臓が飛び出してしまいそうな激しい動悸が止まらなくて、
幻覚なのか人影が見えて、
幻聴なのかラジオで話すような声が聞こえてきて、
眠れなくて、
一瞬眠れたと思ったら悪夢と動悸で飛び起きて。
ジッとしていられないけど、
外へ出ると結界が張ってるみたいに足がすくんで歩けなくて。


あれは経験した人にしか分からない恐怖の感覚だと思う。
地獄でしかなかった。
そして、あの恐怖を味わった事がある人はトラウマになっているんじゃないかな。
私は、そう。


無宗教だけど、必死でお願いした。
どうか助けてくださいって。
そして、もうこのまま死ぬんだと思った。


錯乱する前に夫に頼んでた。
どんな状態になっても、救急車を呼ばないで、大きな病院へ連れて行かないで。
日に日におかしくなる身体で調べて分かった”ベンゾジアゼピン離脱症状
それだと確信したから、
運ばれて、再び薬を投与されるのをどうしても避けたかった。


でも、悲しいけど、何かしら再服用しないと命がもたないと本能的に分かって、
レキソタンを飲んだ。


完全には元に戻らなかった。


すぐに減薬を始めた。


少しずつ減らさなきゃいけないことは分かっていたけど、
身体が、頭が薬を拒否して、
もう飲みたくないと、飲むのが怖いと夫に泣きついて、叱られ、震える手で水に溶かしたレキソタンを飲んだ。


つらかった。


本当に、つらかった。


なんでこんな思いをしなければいけなかったんだろう。


一人で外へ出られなくなってしまったので、かかりつけのメンタルクリニックへ夫に連れて行ってもらい、
夫も診察室に入り、一緒に話を聞いてもらった。
数年経ってこの時の事を夫は、
「話聞いてるだけの楽な仕事だな」と思ったと言っていた。
そして、勉強しておくんだったな、俺がいると態度が違うんだろうなとも。


先生が言うことではなく、
目の前のひどい状態の私を目をそらさずに見て、私が言うことを信じて減薬に協力してくれたのは、
この経験があったからだと思う。


あの先生、ベンゾの離脱症状のことを全く信じていなかったけど、
数年経った今、ベンゾの危険性について気付いてくれているかな。


昨日までベンゾを「一生飲んでも安全な薬ですよ」と処方して、
今日になったら「これは危険な薬なので、ゆっくりやめていきましょう」
なんて、急に診療内容を方向転換するのは難しいことくらい分かる。
でも、先生たちの処方に、診察に、たくさんの人の人生がかかってるんだ。
だから、どうかお願いします。
気が付いたら、怖がらず、方向転換してください。
どうか、どうか、お願いします。


話がそれてしまった。
苦しい状況にいるみんな、頑張ろうね。


nekomura-benzodanyaku.hatenablog.com


room.rakuten.co.jp