ネコムラ・ベンゾジアゼピン ・ドットコム。

パニック障害 ベンゾジアゼピン 減薬 断薬 離脱症状

一気断薬 ⑧ (2017年10月上旬~)

【ほぼ一気断薬をしたお話:最終話⑧】

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200907170055j:plain

レキソタンを再服用してからも、身体の状態は完全に元には戻らず、
たくさん出た離脱症状のツラさが少し減っただけだった。


それでも、つきっきりでいてくれた旦那さんのお陰で、
「気が狂った不安感」(こうとしか表現出来ない)はだいぶ落ち着き始めた。


たまたま連絡をくれた友人も私の状況を心配をしてくれ、ご飯を持って様子を見に来てくれた。


本当に感謝だった。



それでも、
ひとりになる事は不安で仕方なく、
何をしてしまうか分からない自分の存在も大きく、
高速で1時間半ほどの実家にお世話になることに。
もうそれ以外、考えられないほど身体も心も弱りきっていた。
そして、旦那さんがいないと不安が強くなってしまうので、
職場↔実家の行き来までしてもらった。


最初は何も考えられない状態だったれど、
だんだん落ち着いてくると、この状態に自分で自分が心底嫌になった。



2017年10月上旬
病院の診察の前夜。
仕事帰りの旦那さんに迎えに来てもらい、自宅へ帰宅。


翌日、診察へ。


レキソタン1日1mgで処方されていたものを勝手に割って、
1日3回服用・0.75mgに減らしていたので、
怒られるかと思ったが、大丈夫だった。
『きちんと他の薬も飲んで欲しいけど』とまた言われたが、
飲みたくない旨を伝え、漢方で代用することに。
この辺は柔軟な対応の医師で良かった。



レキソタン 0.75mg(0.25mg×1日3回)
・抑肝散  3包(1包×1日3回)


診察の後、旦那さんは仕事へ行くことになっていたが、
ひとりになることを考えただけで気が狂ったような不安感が押し寄せてきて、
急遽母親に電車で来てもらう。


もう、本当に馬鹿みたいな状態だった。


杖をついた母が電車を乗り継いで来て、旦那さんとバトンタッチで仕事へ行って。


私はひとりにしておけない、赤ん坊のよう。


その日の夜に車で実家へ再び来て以来、今日まで実家で過ごしている。


始めの2ヶ月程は、
激しい動悸や身体が勝手に動いてしまったり、
ムズムズするような感じ、ジッとしていられない感じ、
めまい等々の身体的症状と不安感、恐怖感等の精神的はかなりあったが、
実家に来てからご飯を食べられるようになり、
母に付き添ってもらって、散歩にも出られるようになった。


音が大きく聞こえて、光が眩しくて仕方なかったのも少しずつ良くなり、
DVDも観られるようになり、読めなかった本も、前と変わらず読めるようになった。
(追記:前と変わらず読めていないことが後に発覚。それでも読めるようにはなってました。)


少しずつ少しずつ薄皮を剥がすように、回復。

お問い合わせ