ネコムラ・ベンゾジアゼピン ・ドットコム。

パニック障害 ベンゾジアゼピン 減薬 断薬 離脱症状

再服用の準備を断られる。

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200907132930j:plain



生きてます!

 

外へ出られず、ご飯も作らず、楽天ルーム(楽天市場内の架空の自分のお店のようなもの)

に商品アップしまくる日々。

パソコンに向かっているとビシーッと集中出来て、無駄なことを考えずにいられますね。

掃除洗濯はバッチリ出来ています。

でも、何にもしていない気持ちになって人生に激しく後悔する毎日ですが、

そんな中でもお腹は空く。

生きてますね。

 

ありがたいことに危うい感じはだいぶ薄らいだのですが、

どうしても突然気が狂ってしまう恐怖が拭えず、

万が一の時の為に持っていたレキソタンを主人に包丁で小さく割ってもらおうと思ったのですが、

(1錠は多すぎる気がして1/4に割ってもらおうと&いまだ包丁が持てないのです)

 

 

『え〜』

 

 

とまさかの拒否。

お守りがわりにしたいと伝えても、

我慢できなくなった時は、自分で瓶でも使って粉々に割ったら〜?と。

 

 

無茶な。

無茶過ぎる。

 

 

しかしそれにより、私の求めている大きさのレキソタンがないので、

飲まずに耐えられています。

スパルタに感じましたが、きっと新手の優しさなのでしょう。

 

しかし、お腹が空く。

きっと元気が戻ってくるのでしょう。

 

思い出しました、身体中がとにかく痛いです。

向精神薬離脱症状と言うと精神面だけと思われそうだけど、この身体の痛み。

こんなものとも日々戦っているなんて、きっと経験した人しか分からないし、

説明したところで「なんで、身体の痛み?」と理解出来ないのだろうなぁ。

それは仕方のないことだし、当たり前なのだけど、

処方する医師や調剤する薬剤師さんは、これらの離脱症状をちゃんと理解して、

処方された患者さんに必ず伝えて欲しい。

 

いまだから、本当に心の底からそう思う。

 

お問い合わせ