ネコムラ・ベンゾジアゼピン ・ドットコム。

パニック障害 ベンゾジアゼピン 減薬 断薬 離脱症状

断薬後1年4ヶ月経過の、わたしの睡眠。

f:id:nekomura-benzodanyaku:20210206164625p:plain

眠れます!
良く眠れます!

びっくりするくらいノンストップで眠れるようになりました!

暗い夜に目を瞑って→次に目を開けたら、明るい朝なんですよ!

暗い夜⇒暗い夜じゃないんですよー!

 

元々眠剤は服用していなかったのですが、

もう10年以上、もう思い出せないくらい前から、

毎晩1〜3時間おきに目が覚めるのが当たり前だったので

まさかそれがおかしいとは思わず過ごしておりましてね・・・ハハッ。

 

あと、明け方にウツラウツラするだけで、ほぼ全く眠れない日もあり。

「早く眠らなきゃ・・・」

とベットの上で焦りまくりながらやり過ごす、悲しきひとり徹夜。

 

一気断薬に失敗した後、

いろんな方のブログやツイッターを読むようになり

数時間おきに目を覚ます状態が普通ではなく

中途覚醒」と呼ばれるものだと知り驚いたのが数年前。

当たり前だと思っていたことは、当たり前じゃなかった・・・!

驚きましたよね、本当に。

 

そんな感じの睡眠だったわたしが、

今ではぐっっすりです。

 

経過としては、

◎一気断薬失敗後の睡眠は人生一、ヒドい睡眠!

 眠りに落ちる瞬間に恐怖が襲ってきて眠ることができず、

 やっと眠れたと思ったら悪夢に襲われて飛び起き、

 飛び起きた時にはこの世のものとは思えないくらい早くて激しい動悸に襲われていて、

 得体の知れない不安と恐怖に包まれて人生がthe endの予感。

 心身共にマックスの疲弊。

 

◎再服用後、数ヶ月経過

 徐々に悪夢と動悸は減り始めて、眠れる日も徐々に増え始める。

 この辺の記憶が曖昧なのですが、

 徐々に徐々に時間が経つほどに“普通の人らしい”睡眠を取り戻せていったと思います。

 

 

◎2年かけて断薬後〜1年4ヶ月後の現在

 『普通の人は皆、こんな風に眠っているのね・・・!』

 と、感動すら覚えたほど気が付いた時には

 ぐっすりと夜⇒朝ノンストップで眠れるようになっていました。

 時々、ほぼ眠れないひとり徹夜の日が突然きますが、致し方ないのかなと思う次第。

 健康な人でもあるだろうし(ないのかな?)

 

こんな感じでわたしの睡眠超改善!したのですが

残念ながら改善していない点もあるんです。

それは、

 

 

昼寝をすると

悪夢と動悸に襲われちゃう・・・!

 

 

く〜っつ!!!

自律神経の問題なんでしょうね。

交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかない。

『自律神経が乱れてる人は、適度な昼寝がオススメ!』

なんて書いてあるサイトをいくつも見かけたけれど、

それができないんだバッキャロコノヤロ何言ってやがるんだベランメ〜ちきしょうめって

自分の中の“いつもここから”が出てきちゃいましたよね。

(分かる人いますかね…)

 

時間の経過と共に改善すると良いな〜と思いつつ、

風邪気味でどうにもこうにも身体がツラい時に何度か昼寝を試みたのですが、

やっぱりダメ。

1ヶ月くらい前にも試してみたんですけど、やっぱりまだダメで、

1時間くらい粘ってみたんですけど、全然身体も心も休まらないので目を瞑るのをやめました。

(追記:昼寝の状態なのですが、昼間に目をつむるとドコドコドコ…と激しいバスドラの様な動悸がして、

「寝に落ちるかも!寝れる!」となると現実と夢の狭間の様な状態で悪夢に襲われるので、まずまず全く眠れません…)

 

そんなこんなで、

現在の睡眠をお伝えしましたが、読んだことで安心する方がいると良いな〜。

昼寝が出来る様になったら、お伝えしますね。

離脱症状に苦しんでいる人の一人でも多くの人が、

今夜安心して眠りにつくことができますように。

 

お問い合わせ