ネコムラベンゾ ・ドットコム。

離脱症状 減薬 断薬 パニック障害  ベンゾジアゼピン SSRI

ベンゾ離脱症状怒り/怒り憎しみ責める気持ち、グルグル思考の私へ。


f:id:nekomura-benzodanyaku:20220218101546j:image

数日前、

日課の家の周りの散歩の時に、

得も言われぬ多幸感に包まれて、

その次の日は、

起きる直前に見ていた悲しい夢に引っ張られる形で、

何とも言えない寂しさに沈む1日の始まりを迎えた。

 

 

夢の内容を引きずり、

「将来、私はひとりになってしまったら、どうやって生きていけばいいんだろう?」

そんな”今”考えても仕方のない未来への不安と悲しみが、

目が覚めてからずっと、

グルグルグルグルと頭の中を駆け巡って。

 

 

「きっと忙しければ、こんな事を考える隙もないのに。」

そう思うと今度は、

仕事をしていない今の自分を、

働いていないからお金が自由に使えないと思う、みじめな気持ちになる自分を、

夫以外の誰とも話さずに終える毎日を、

家族や自分自身に甘えて過ごしてきたように思えるこの数年間を、

もっと色々とやれる事があったのではないか、と思えるこの数年間を、

無駄に思える毎日を積み重ねてきた日々を、

全ては、

全ては薬を飲み始めたせいだと、

病気だから当たり前の事だと思い、薬を飲み続けたせいだと、

その薬のことを調べもせずに、突然飲むのをやめてしまったせいだと。

ドミノ倒しみたいに、色々なことを否定する思考が止まらなくなって、

そのドミノ倒しはグラデーションみたいに、

自分自身や自分の人生を悔やんで責める気持ちから、

他人を憎しみ、怒り、責める気持ちに変わっていく。

 

 

夫が憎い。

 

 

あの人が憎い。

 

 

目にする全てが憎い。

 

 

ムカツクムカツクムカツク。

 

 

怒りが止まらない。

 

 

 

 

 

以前よりもその頻度は減ったように思うけど、

自分自身の過去の出来事への後悔や、

いま考えても仕方のない未来への不安に押しつぶされそうになると、

自分の内側に入りすぎて、そこから洋服を裏返しにするような感じ、

身体が裏返しになるような感じで、

今度は他人が憎くて仕方なくなる事が、度々ある。

とにかく、許せない。

自分しか正しくない。

あの人が言った事は全テ、間違エダ。

 

 

怒りと不安の堂々巡りの中、ツイッターをスクロールする。

冒頭に載せたツイートが出てくる。

 

 

 

 

気持ちが”今”に引き戻される。

そうだ。

今だ。

いつでも、今なんだ。

過去でも、未来でもなく、今なんだ。

今、目の前にあるものだけを見ればいいんだ。

それを積み重ねていけばいいだけなんだ。

良いも、悪いもない。

グルグルし始めると難しいこと極まりないけど、

今なんだ、今。

 

 

体がおかしい事や、頭がおかしい事、

離脱症状が精神論でなんとかなるとは全く思わない。

ベンゾの離脱症状は、心の持ちようでどうにかなる、そんな次元じゃないと思うから。

でも、離脱症状とは関係のないところで、

少しでも肩の力を抜いて生きることに役立ちそうな言葉や思いは、

積極的に吸収していきたい。

 

 

私へ。

いま、目の前にあることだけを見て。(楽しい未来、楽しかった過去を考える事は良い)

もし、グルグル思考に片足、もしくは両足を突っ込んじゃったら、

立ち上がって窓を開けたらいい、

好きな音楽をイヤホンで聴きながら掃除機をかけるでもいいし、

好きなラジオを聴きながら少し歩くでもいい、

激しめのストレッチの方が効くけど、

寝っ転がったまま指先を手の甲へそらすだけでもいいし、

携帯を見ながら、耳を引っ張るだけでもいい。

なんでもいいから、体を動かすと良いよ。

グルグル思考は止まらなくても、少し気持ちが逸れるはず。

そう、微々たるものでも気持ちがそれるはず。

あと、推しや、好きな芸能人たちの画像を見なさい。

(私の場合は赤江珠緒さんや、さまぁ〜ず、テレ東の田中瞳アナ、てことはモヤさまを観ろですね。)

心がスッとして、頭がフワッと柔らかくなるから。

そして、美味しいものを食べなさい。

美味しいものは正義、テンション上がるから。

頑張れ、私。

 

 

そして、

ツイッターで繋がってくれてる人たちと、くだらない話をチャットみたいに

ツイート&リプライでポンポンポンと話して、フッと笑って、心が軽くなった日。

ツイッターで出会った人たちは、日本各地、みんなそれぞれ違う場所にいるけれど、

みんながそれぞれの場所で毎日を生きていると思うだけで、

力をもらえる時がある。

感謝です。

心から、ありがとう。

(はてなブログはてなスターを下さる皆さまも、生きる事、書く事の励みになっています、本当に本当にありがとうございます。)

 

 

 

room.rakuten.co.jp