ネコムラ・ベンゾジアゼピン ・ドットコム。

パニック障害 ベンゾジアゼピン 減薬 断薬 離脱症状

ひとりでは何も出来ないツラさ

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200907172142j:plain

レクサプロとメイラックスの断薬。
レキソタンの減薬から2、3ヶ月が経って、
出来ないことが多すぎて、
何も一人では出来なくて、
薬を飲んでいた時の方が楽だったと思い始めてしまって、ツラい。


いい歳になって実家の世話になって、上げ膳据え膳で。
家族全員で協力してくれてるのに、ツラい。


足の悪い母に付き添ってもらって家の周りを散歩することと、
移動図書館で借りてきた本を読むこと漢字パズルをやること、
借りてきてもらったDVDを観ること、毎日、それだけの繰り返し。


ひとりでは怖くて外へも出られなくて、
包丁を持つのも怖いままだから料理も出来なくなってしまって、
話すこともしなくなってしまった。


ひとりで減薬や断薬と戦っている人と比べたら、
なんて幸せな環境にいて、
なんて贅沢なことを言って、
なんてワガママなことを言っているのかと思うけど。



ひとりじゃ何も出来ないというのは、たぶん想像する以上に、
孤独なことなんだ。



耐えなきゃいけないことも、分かってる。
弱音吐いてちゃいけないことも、分かってる。


でも、今までみたいに、
普通に過ごしたい。
普通に。


薬飲んでいた時の方が、幸せだったのかも。


明後日は、病院。


きっとまた、薬を出すと言われるだろう。


そうですね、飲んだ方がきっと楽ですね。


飲んだ方が、普通に生活できますもんね。


普通に。


普通に。


家族に迷惑を掛けることも、少ないですもんね。


私の普通の暮らしは、一体どこへいってしまったのだろう。


返して欲しい。


自分で取り戻しに行かなきゃいけない事だということも、分かってる。


でも、返して欲しい。

お問い合わせ