ネコムラ・ベンゾジアゼピン ・ドットコム。

パニック障害 ベンゾジアゼピン 減薬 断薬 離脱症状

私の離脱症状に効いた、自然派エッセンス。

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200907153950j:plain
なんとなく、下降気味な数週間を過ごしておりました。

膝に鉛がぶら下がったようにうまく歩けず、
家から離れるのが怖く、ウォーキングの範囲が極狭になったり。
(でも、とりあえず行く。)
ひとりで行けていたスーパーで、
突然軽くパニックを起こして、その後行けなくなったり。
(ひとりじゃなければ大丈夫なので、また行けるようになると思う。)


更に先週から風邪を引き、これは無理しちゃダメだとただいま減薬をステイ中です。


そんな中、一昨年にした肩と首のケガで、MRIを撮ることに。


10年以上前に交通事故にあった時に普通の筒型のMRIで撮影した際は、
薬を飲んで飲んで飲んで、撮った記憶。
さて、今回はどうするか?
調べたところ、今は筒型ではなく
『オープン型MRI』なんて素晴らしいものがあることが判明。

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200910005425j:plain
↑解放感
自力で調べに調べ、行って来ました。


それでも、
いくらオープン型といえど、閉所にひとり&30分ジッとしてられるかも分からず。
(しかも、それを2回。)
行く前、病院に着いてから、台に横になってからも、
とにかくずっとナーバスで、受付の人や検査技師の人に何を言われても、
全然理解が出来なかったり、それはそれはビビりまくでした。


で、結果。


無事に撮影出来ました~っ!


いやはや、いやはや。
途中でダメになると思っていたから、逆に出来て驚く。そして、自信に繋がりました。


私がした対策は、


 

  • 検査技師の方に伝える
  • 病院に着いてから、1日3回に分けて飲んでる薬の1回分を飲んだ
  • 片耳に耳栓(なぜか両耳塞ぐと怖いので片耳のみ)
  • 頭の中で歌う
  • レスキューレメディを使った。

レスキューレメディは、
花のエッセンスを使って心や感情のバランスを取り戻すための自然療法。
赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用することができ、動物や植物にも使用できるとのこと。

amazon


ちょっと前に、
気持ちがグルグル不安で悲しくて、
時々大きく顔を出す離脱症状と生理前の時にダメ元で口にスプレーと、
お茶に1滴垂らして飲んでみた。


すると30分ぐらいで少し気持ちが落ち着いてきたので、
これを使わない手はないと、検査に行く道中に口に数滴。
検査直前にスプレー&1滴。
うん、効いた。


1回目で首の撮影、
そのあと少し休憩を挟んで2回目撮影で肩。
肩の撮影の時は、緊張せず出来ました。
レスキューレメディ私には合ってるのかも!



【追記2020】
友人のお子さんが、パニック障害と診断された時にレスキューレメディーを試したそうですが、
残念ながら効かなかったとのこと。
やはり何にでもですが個人差があるようです。
一方私はといえば、断薬後も効いてます。
もちろん、その時の離脱症状の状態によってスッと効く時もあれば、
効かない...という時もありますが、
持っていることで安心できる、お守りのような存在になっています。

お問い合わせ