ネコムラ・ベンゾジアゼピン ・ドットコム。

パニック障害 ベンゾジアゼピン 減薬 断薬 離脱症状

玄米コーヒーでデトックス。

【玄米コーヒーでデトックスのススメ】

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200907150118j:plain


2020年、梅雨入りしました。

雨降り模様に俄然身体が弱くなった感があり、全身がギッシギシのギッシギシ痛です。

自分、本当は油の差さってない鎧でも着てるんじゃ?

と思う日々で、毎日クレ556を探しています。

でも、一年前の梅雨よりは楽になっている気がするのです。

良いぞ。

 

で、

断薬して8ヶ月。

だけど、今まで飲んだ薬はまだまだ体内に残っているようで、

それが今後も時折顔を出すことがあると言う記事を読んで、ゲッソリ。

してるだけじゃあ、しょうがない!ので、

その溜め込んだものが少しでも排出できると良いなと思い

ここのところ毎日飲んでいます、玄米コーヒー。

(減薬時も時々、飲んでいました。)

 

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200907150900j:plain

 

《玄米コーヒーとはなんぞや?》

  • 玄米を低温で長時間焙煎し、パウダー状にしたものをお湯などに溶かして飲む飲料。お湯に溶かした時の飲料の色が、コーヒーに似ていることから名付けられたもので、 コーヒー豆は一切使用しておらず。 
  •  焙煎した玄米は、食物繊維や各種ミネラルが通常の数倍に増加するので、身体の中の溜まった不要なものと吸着し、外へ出す力がパワーアップ!体内環境の改善が期待できる。

 

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200625170024p:plain

 ↑薬の副作用薬害(毒)を排出(玄米コーヒーと一緒に入っていた冊子より)

 

とのことで、

私の場合は飲むとお通じが良くなり、

数日続けて飲むと1kgくらいはスルリと体重が落ちるので、

身体の毒出しには一役買ってくれているかな?

なので、断薬後と言うより減薬中からの方が効果的かもしれません。

 

あと、

わたしはコーヒー大好き人間なのですが、

一気断薬後からコーヒーを飲むと動悸がメチャンコ早くなり、

その後具合が悪くなるようになってしまいコーヒー自粛中なので、

この“コーヒーっぽい飲み物”はカフェインレスコーヒーと同じく心の拠り所になってます。

(カフェインレスコーヒーも日に2杯も飲むとダメで泣ける〜!なので玄米コーヒー本当にありがたや!)

 

肝心の味は、

全くもってコーヒーとは別物で最初飲んだ時は「え?これ泥?わたし、泥飲んでる?」

となったれど、

お湯だけではなくて、お湯と同量の豆乳や牛乳を入れたり、

蜂蜜やお砂糖を入れるとコーヒー(カフェオレ)に近い“雰囲気”を出せます。

(あくまで雰囲気!でも、かなり美味しくなります!)

 

『西尾製茶/オーガニック玄米珈琲』100g1,000円/送料込み

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200907151000j:plain

 


玄米コーヒーはとても溶けにくい粉末なのですが、その中である程度の溶けやすさ。

 ただ100gでちょっと少ない。

 

 

質より量タイプならばこちら

『小川生薬/玄米コーヒー』200g1200円/送料込み

f:id:nekomura-benzodanyaku:20200907151033j:plain

コスパは良いけれど、その分溶けにくい。

 

玄米コーヒーもたくさん種類があるので、

アマゾンや楽天で検索をかけると色んなメーカーさんから販売されているので、

ぜひ検索してみてください。

 

わたしは、

送料込みで1,000円位の価格、

そしてオーガニックのもので!となるとこの2つになりました。

 

しかしなぜ、オーガニックの玄米コーヒーなの?に関しては、

農薬が玄米で一番栄養素の多い“糠”の部分に蓄積されるそうで、

玄米を丸ごと飲む玄米コーヒーはなるべく農薬を使用していない方が良いかな〜と、

わたしはオーガニックの物を選んでいます。

 

 

それにしても、パッケージの開封の仕方に雑な性格があらわれすぎですね。

これは、断薬関係ないと思われます・・・。

 

 

◎2021年追記

玄米に金属のカドミウムが含まれていると知り、

愛飲しているメーカーの西尾製茶さんにどのくらいのカドミウムが含まれているか

問い合わせしましたが、お返事をいただけませんでした。残念。

身体に良いもの!と思っても実は別の側面を持っていたりするので、

なんでもそうですが、毎日同じものを沢山食べたり飲んだりするのではなく、

まんべんなくバランス良く食べるのが身体に良いのかな〜?と思い、

今は毎日ではなく、数日ごとに飲んでいます。

知らない事が、てんこ盛りです。

 

お問い合わせ